30代男性:ヘルニアによる腰痛が改善

来院動機

痛みによって趣味の山登りをするのが困難なため来院。

 

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

元々、腰部ヘルニア手術の既往もあり、仕事で重いもの運んでたりしていた際に負荷がかかり痛めて、痛みが引かない為、来院。

どのような時に痛みがでるか

歩行時、立位保持などの同一姿勢が続くと痛みが出る。

身体所見と治療経過

初回施術

姿勢分析により背骨の捻じれが強く、ヘルニアの既往もあるのと、痛み、神経痛がかなり強く見られたため、特別診療、筋肉調整で処置。

2回目施術(1日後)

痛みがまだ引かない。

前回と同様に処置を行った。特に腰椎をメインにケアした。

患部の炎症、圧痛が見られたため冷却を指導。

5回目施術(1週間後)

徐々に痛みが緩和されてきた。

仕事柄、負荷かかりやすいのと、朝起床時に痛みが強いとのこと。

腰メッシュ、起立筋テープで支えを作った。

10回目施術(2週間後)

ほぼ日常では気にならないくらいまで回復してきた。

矯正の頻度を落とし、ペースをあけても悪くなってない。

仕事も、趣味の山登りも気にせず出来るようになった。

患者様のコメント

最初は中々、痛みが引かずどうなることかと思いましたが、先生方が励ましてくれ、的確な施術により、だいぶ良くなりました。本当に感謝しています。

担当者のコメント

趣味の登山も出来るようになり、痛みが良くなり良かったです。

痛みの原因は様々ありますが、日常生活の過ごし方など、些細な事で出てしまうものもあります。ヘルニアなどは特に悪化しやすいので、素早い対応が大事になります。

これからも再発しないようにするためにも、頑張っていきましょう。

 

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛